ウェブセミナー(ウェビナー)配信 5G時代はオンラインで講座配信

ウェブセミナー(ウェビナー)配信とは、インターネットで配信するセミナーのことを言います。
アメリカでは既にスタンダードになっており、マーケティング手法の一つとして浸透しています。

日本では、新型コロナウィルスによる「テレワーク化」や「ステイホーム」などにより需要が高まり、導入する企業が増えてきました。

+Life Studioでは、ウェブを使った配信の代行を行っております。

ウェブセミナーの用途

ウェブセミナーと聞くと、講義形式のセミナーを思い浮かべる方が多いかと思いますが、それだけではなく、社内研修やサービスや製品発表、会社説明会、意見交換会(座談会)など、様々な用途に対応することができます。

配信したものを録画することもできるため、二次利用も可能です。

メリット・デメリット

これまでの会場セミナーとウェブセミナーでどのような差があるでしょうか。

ウェブセミナーのメリット

ウェブセミナーは、主催者・参加者の双方にメリットをもたらします。
インターネットの特性上、双方向のやりとりが期待できることはメリットの一つと言えるでしょう。
例えば、質疑応答

主催者のメリットは

  • 会場費用の削減
  • 会場の準備・片付けの時間削減
  • 参加者数にとらわれない(小会場で大きな集客も可能)
  • 開催地や開催時間によって逃していた層にアプローチが可能
  • 配信コンテンツの録画を販売するなどの二次利用ができる
  • 録画配信を再編集することで、よりブラッシュアップされた内容で配信できる
  • 感染症の蔓延や荒天による交通インフラの停止など有事の際も開催できる

などが挙げられます。

会場セミナーに比べ、多くの場合で時間的コストや金銭的コストの削減ができます。
また、会場の規模や物理的な距離にとらわれない参加者の募集も可能です。

参加者のメリットは

  • 場所に関係なく、遠隔地や海外からでも参加が可能
  • 移動コストが削減できる
  • 録画配信であれば、自分のタイミングで視聴ができ、繰り返し見ることができる
  • 参加のハードルが低い

ウェブセミナーのデメリット

多くのメリットがあるウェブセミナーですが、もちろんデメリットもあります。

  • 参加ハードルが低い分、キャンセルハードルも低い
  • 意欲・意識の低い参加者が増える可能性
  • 参加者の反応を捉えにくいため、理解度が分かりにくい
  • 参加者のモチベーション維持が難しい

対面ではない分、参加者とのコミュニケーションを工夫する必要があります。

登壇者が気をつけるべきこと

参加者と非対面のため、相手の顔や反応が見えないことは一つの障害でもあります。
また、その障害は、参加者にとっても同様です。

そのため、登壇者は身だしなみに気をつけ、話し方や仕草を意識すると良いでしょう。

また、プレゼン資料の作り方も重要です。

 

3つの特徴Specialty

  • 複数のカメラを使って配信
  • 配信内容を同時記録可能
  • Youtube/ZOOMなどのプラットフォームに対応

こんな方にオススメRecommend

セミナー講師として、全国・全世界にセミナー内容を発信したい方。また、オンライン講座を配信することで間口を広げたい方にオススメです。

セミナーの開催コストを削減したい方。

プラン詳細Detail

セミナー配信Lite セミナー配信 セミナー配信 Long
概要 お試しでセミナー配信をしたい方におすすめ。もっとも小さな構成にすることで、価格を抑えています。 複数台のカメラを使うことで、アングルを切り替えたりゲストスピーカーを招いてのディスカッション形式などの配信にも対応することができます。
単調な配信を避けたい方や、複数人での登壇があるセミナーにおすすめです。
オーダーメイドプラン。
可能な限りご要望に対応いたします。
配信時間 〜1時間 (延長¥5,000/1時間) 〜4時間 (延長¥5,000/1時間) 〜12時間 (延長¥5,000/1時間)
資料の同時表示
カメラ 1台 有料で追加可能 2台 有料で追加可能 最大3台
オペレーター 1人 1人 プランニングによる
納品形態 サーバーアップロード サーバーアップロード サーバーアップロード
Youtube等のアカウント取得補助
金額 ¥50,000 ¥100,000 応相談

オプションOption Service

セミナー配信Lite セミナー配信 セミナー配信 Long
会場手配 会場費実費+手数料 会場費実費+手数料
司会者手配
カメラ追加 ¥10,000/1台 最大2台追加 ¥10,000/1台
時間延長 ¥5,000/1時間 ¥5,000/1時間 ¥5,000/1時間