制作会社によって金額が違う理由

依頼する制作会社によりかなり料金の開きがあります。
それは、ウェブが台頭してからまだ歴史がそれほど長くないため、
市場価格が定まっていないから、という理由があります。

とは言っても、大きな価格差。
さらに近年、無料でウェブサイトが作れるサービスが増えてきました。
メジャーなサービスであるJimdoWIXなどを使えば、誰でも簡単にウェブサイトを作ることができます。

「無料で作れるのに、わざわざ高いお金を払ってウェブ制作会社に制作を依頼する理由はなに?」
と、疑問を持つ方もかなり多いのが実情です。その疑問を紐解きましょう。

「作るだけ」か、「運用サポートも」か。

価格の違いの大きな部分で

  • ウェブサイトを納品したら終わり
  • 納品後、どういう効果があり結果を生み出してるかまで見る

この2パターンに分かれます。

もちろん、後者の方が料金は格段に上がります。
毎月のランニングコストの中に「コンサルティング料」や「運用サポート料」などが含まれていたら、おそらく、効果の検証まで行ってくれるはずです。

ウェブサイトは、完成したら「始まり」

ウェブサイトは完成がゴールではなく、完成は「始まり」です。
基本的にウェブをはじめとする広告には、「効果・結果」が付き物です。

ですので、その部分について
「自分でも検証しながら運用する自信がある」なら、作るだけの業者に、
「自信がない」もしくは「より効果を増やしたい」なら、コンサルティングまでやってくれる業者に依頼をするのがベストです。

結果を追い求めるためには、知識と経験と技術が必要です。
ウェブ制作会社に依頼する利点はその部分にあると言えます。

どうせランニングコストを払うなら、運用まで。

ウェブサイトと他の広告とで大きく違うところは、
ランニングコストが発生し続けることです。

ランニングコストの内訳は様々ですが、ほとんどが

  • サーバ運用・管理
  • ドメイン使用料

と言ったところでしょうか。

つまり、割賦ではない上、ウェブサイトの更新は自分でしてるのに、「サーバ・管理」などを理由に毎月お金が発生します。

もちろん、サーバの運用には莫大なコストがかかるので
払って然るべきお金ではあるのですが、

近頃は中小企業も増えてきて自社サーバを持たない場合が多くなってきました。
(どこかのレンタルサーバを借りているパターン)

その場合、そこまでサーバの運用コストはかかりません。

また、考え方次第ではありますが、
どうせお金を払い続けるなら「ウェブサイトの運用」までサポートしてくれる制作会社に依頼するのがいいと思います。

スクラムを組んで、結果を追い求めましょう。

お客様はそれぞれの業種のプロとして、制作会社はウェブのプロとして
お互いにスクラムを組み、ウェブ運用のプランニングをし、施策を打ち、結果を追い求める。

ウェブ制作会社のあるべき姿はこうだと思っています。

ゴールを設定し、結果を出すために「広告をどう使うか」を検討していくことが重要だと考えます。

せっかく作るのであれば、
「ウェブサイトを作って情報発信する!」ではなく、
「ウェブサイトで情報発信することで、うちに来るお客を増やす

という、“その先”に何があるかまでを考えるべきです。
そして、そのためにどういうメディアを使い、どのようにPRしていくかを考える。

それこそが、広告のあるべき姿であり、
広告会社がするべきことです。

ウェブとチラシ、映像は役割が違う。

同じ「広告」でもウェブサイトとチラシ、映像はそれぞれ役割が違います。
また、使い所を間違えれば効果があまりないこともあります。

だからこそ、全てを取り扱う+Life Studioがロジカルに適宜必要な広告提案をし、
お客様の「広報係」を担う必要があると思うのです。